忍者ブログ

お腹痩せダイエット情報

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

豆類は低カロリーで食物繊維も豊富なダイエット向きの食材






豆類は低カロリーで食物繊維も豊富なダイエット向きの食材
大豆をとりいれることで「代謝が良くなるということ」「腸内環境が改善されること」「腹もちがよく過食の防止」といった効果が期待できます。
ほかにも、脂質の代謝を促進するビタミンB2やパントテン酸、ミネラル類など、代謝に必要な栄養成分が豊富に含まれています。







拍手[3回]

PR

彼女が太った!ダイエットをサポート!






彼女が太った!ダイエットをサポート!


最近、お腹周りの脂肪が気になりだしてきたという方は、
何かしらの原因となる自覚症状がないでしょうか?

自分は一切の不摂生を省き、常に健康な状態を維持できるように心掛けている、
という方の中に肥満体型の人は存在しません。


稀に、気が付いたら体重が思いのほか増加していた、
という方もいらっしゃいますが多くの場合、
自分のお腹がどうしてこんな状態になってしまったのか、
その理由に心当たりがあるはずです。
食事と生活と脂肪

私たち日本人は、元来、肥満とは縁遠い位置に暮らしていました。

それが食生活の欧米化に伴い、脂肪分の多い食事をする機会が増えたことによって、
身体の中に分解しきれない脂肪が蓄えられるようになっていったのです。

勿論、脂肪がたまる原因としては、食生活だけが原因とは言い切れません。

脂肪分の多い食事をしているのにもかかわらず、
全く体型に変化がみられないような方だって存在するのです。

『太る=脂肪がたまる』理由には、食生活以外にも、
運動不足や精神的ストレス、親から受け継いだ遺伝的要素などの影響も考えられます。

つまり、それまでなかった脂肪がお腹周りに付きだしたということは、
必ずそこに至るまでの原因が存在するということです。


拍手[1回]

ダイエット女子に捧ぐ!注目のローフードダイエットがイケてる!



ダイエット女子に捧ぐ!注目のローフードダイエットがイケてる!

過熱せずに調理された食品を摂ることで、体内の酵素を活性化し脂肪燃焼に効果がある、とされています。

「Raw Food(ローフード)」とは、加熱加工されていない生の食材のことを指します。
あらゆる食材をできるかぎり生の状態で体内に取り込むことで、ダイエットの効果を
発揮するといわれる「ローフードダイエット」。

「生」がダイエットに効くその理由やローフードダイエットの利点まとめ!

1.生が良い
ダイエットで重要な役割を果たす消化活動で重要な役割を果たすのが、「酵素」です。この酵素は様々な食材に含まれていますが、加熱することでほとんど消滅してしまいます。だからこそ、生であることが重要なのです。

2.酵素が必要
消化を促す働きをする酵素は、体内でも作られていますが、食事でより多くの酵素を取り込むことで、内臓負担が減り、新陳代謝率が上がります。結果として、脂肪燃焼やデトックス効果のアップが期待できます。

3.おすすめローフード

果物や生食可能な野菜を積極的に摂りましょう。そのままサラダで、またはジュースにしてもいいですね。低脂肪のプレーンヨーグルトとの組み合わせもおすすめ。また、海藻類もローフードの仲間です。そのほか、大豆加工製品(納豆、味噌、醤油、豆腐)は、加熱処理されていますが、発酵し続ける食品なので、どんどん食べられます。肉や魚などで生食できるものも食べられますが、ほかのローフードよりも量は控えめにしましょう。

4.拒否したい食材
加熱調理したもの全般、糖分が加えられたドリンク類やアルコールも控えましょう。脂肪分の多い乳製品も、控えたほうがいい食品の仲間です。

5.ローフードダイエットの利点
加熱調理をしないということは、手間いらずということです。洗った果物や野菜をそのまま、またはちぎったり切るだけで食べられます。
また、面倒なカロリー計算をする必要もありません。

6.ストレスフリー
ローフードであれば、基本的に量の制限がありません。たっぷり食べられるので、空腹のストレスに悩まされる心配がありません。お腹が空く間隔が早くて困る場合は、バナナやリンゴ、アボカドや豆腐などのボリューム感ある食材を多めに取り入れましょう。

時間も手間もかけない生食ダイエットは、忙しい女子におすすめ!
週日は外食が多くローフードダイエットがしにくいという人は、週末だけでもチャレンジもいいかも!
仕事と外食で体にたまったストレスとカロリーをスッキリと落してくれそうですね。




拍手[2回]

春に向けてダイエット!デブ卒業


そろそろ春に向けてダイエット

栄養バランスに慣れてきた方が、次に向かうステップは、
カロリーコントロールです。

カロリーコントロールとは、ダイエットにおける食事療法のより明確な指標となる部分であり、栄養バランスに比べると、やや上級者向けの管理療法になります。

カロリーとは、食材に含まれている熱量を示す『エネルギー量』のことです。

同時に、運動や代謝から消費するエネルギー量も表しており、通常は
『〇キロカロリー』といった表記となります。

成人男性の場合ですと、
身長が170センチの人の理想的な体重は、63キロ程度が目安になっています。

この体格を基準にすると、
一日当たりに必要とされるカロリーの摂取量は、
およそ1700~2200キロカロリー程度とされています。

これを身近な食事から摂取するカロリー量で表すと、
おにぎり二個とカレーライスにカツ丼を加えた程度が、
およそ1800キロカロリーとなります。
※カロリーの算出量は目安です。




▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト


拍手[1回]

太ももダイエットに!ボニック 超音波(ソニック)モード



太ももダイエットに!ボニック 超音波(ソニック)モード

まずはボニックの超音波(ソニック)モードですが、
こちらは動かしている間はほとんど、動いているのかどうかわからないくらいの振動です。
使用しているとなんとなくお腹があったかくなってくる感じです。
実際に使用したあと、お腹を触ってみると皮膚が柔らかくなっているのかな?
といった印象がありました。
ボニック 電流EMS(パルス)モード

次はボニックのパルスモードですが、
こちらは良い意味でかなりやばいです!振動がお腹にひしひし伝わってきます。
私の場合はMIDDLEで使用しましたが、細め体系の人がMIDDLEで使用してしまうと
少し痛いんじゃないかな?と思うくらい振動が伝わってきます。
慣れてきたらHIGHでも良いような感じでした。

お腹だと少しわかりにくいのですが、太ももや二の腕にあてると筋肉に刺激を与えてるのがすごくわかりやすいです。
ボニックを使用した後の感じ

ボニックを使用した後、おなかの場合だと妙に腹筋に力が入ってしまいます(笑)
いわゆるこれがボニックの説明書にも書いてある「勝手に筋肉が運動してくれる」という働きなんでしょう。

使用した部分に触れてみた感じ、少し暖かくなって皮膚も柔らかくなっているので、
通常時よりも痩せやすい体質を作ってくれているのだと思います。

▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト


拍手[1回]