忍者ブログ

お腹痩せダイエット情報

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二の腕を細くするセルフマッサージ





二の腕のたるみを気にされる方は多いと思います。
二の腕は実はとてもたるみやすい場所です!

二の腕を細くするセルフマッサージ

1.
片腕をあげて、わきの下を
円を描くように強めにさすります。
両腕とも各5回してください。

2.
手の付け根部分を、
もう片方の手でしっかり握り、
手首からひじにむかい、しぼり上げます。

3.
同じ感じで、
ひじからわきまでしぼり上げます。

わきの下まで手が来たら、
指でわきの下を押し上げます。

両腕とも各5回してください。

4.
腕の内側から外側にぐるりと円を描くように
ぞうきんをしぼる感じでもみます。

腕全体をしたら、腕を入れ替えて、各5回。

5.
もう1度
手の付け根からひじに向かって、しぼり上げます。

今度はわきまで来たら、
わきをゴミ箱のように思って、わきの下に全部流します。

両腕とも各5回してください。



▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト





ボニック









このエントリーをはてなブックマークに追加

拍手[2回]

PR

後ろで手を振るだけで二の腕が細くなる?





二の腕のたるみを気にされる方は多いと思います。
二の腕は実はとてもたるみやすい場所です!
二の腕の筋肉!この内側の筋肉はモノを持ち上げるときなど
日常でよく使います。

二の腕のたるみとなる外側の筋肉(上腕三頭筋)は
押し出すときに使う筋肉のため、日常生活での使用頻度が低い!

そのため、どうしても筋肉のつきが悪く脂肪がついてしまします。
二の腕が気になる方は、自分で意識して、この外側の筋肉を鍛えること!

◆二の腕後ろで手を振る方法
1.両手を後ろに伸ばします。
2.両腕を外側から内側へと回転させます。
3.これを30回ほどしてください。




▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト





ボニック









このエントリーをはてなブックマークに追加

拍手[2回]

くびれを作る方法は? ウエストができる腰ひねり運動効果あり









ウエスト周りをあらかじめ測っておこう
お腹周りがたるんでくると、ウエストラインそのものの存在すらわからなくなってしまうことも……。ウエストをひねりながら運動を行うと、最初のうちは腹部に窮屈感を感じるかもしれませんが、次第に身体がスムーズに動くようになります。ひねり運動は一日二日といった短期間ではその効果が目に見えては現われませんが、一ヶ月二ヶ月とコツコツ続けて行っていくうちに、ウエストが引き締まり見た目にもくびれが現われます。

ひねり運動を開始するときにぜひご自身のウエストサイズを測ってみてください。そして運動を続けた後に、再度測ってみるとやる気もアップし、運動を無理なく続けることができるでしょう。

ひねり運動を行うと便通が良くなる

もう一つ大きな特徴として、ひねり運動を行うと便通が良くなるといわれています。身体をひねることで腸の蠕動運動を促し、便秘解消にも役立ちます。運動をする前にコップ一杯の水を飲んでから行うと、直接的な水による腸への刺激とひねり運動とがうまく作用して、自然なお通じにつながります。水はなるべく常温のものにして、お腹を冷やさないようにすると良いでしょう!

▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト





ボニック









このエントリーをはてなブックマークに追加

拍手[2回]

腹ダイエットにおすすめの運動は?








お腹を引き締めるには、インナーマッスルを鍛えることが大事なポイントです。
その方法として有効なのが、「腹式呼吸」と「ウォーキング」です。
まず、腹式呼吸の運動で有名なのが「スローブレス」といわれるものです。できるだけ長く息を吐きながら、お腹をへこませるという方法です。

これを行うことで、お腹に脂肪がつくのを予防してくれる効果があります。また、普段の生活の中での呼吸も意識して腹式呼吸にすることで、常に腹筋運動しているのと同じ状態になります。
そして「ウォーキング」もお腹ダイエットには欠かせない運動です。


▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト





ボニック









このエントリーをはてなブックマークに追加

拍手[3回]

ダイエットで大切なこと!生活習慣の見直しお願いします







ダイエットを目的とする方で、一番の難敵は生活習慣の見直しです。


これは文字通り習慣づけられている悪習を改善することなので、
たとえ一日、二日は上手くいったとしても、
またすぐに元の状態へ戻ってしまうことは珍しくありません。


その大半の障害となっているのは仕事です。

とりわけ不規則な勤務体系を強いられている方の場合、
日々の睡眠時間はもとより、食事の時間帯を調整することも難しく、
一般的といわれる生活自体が縁遠い方も存在します。


近年は、男女の間で職務内容における格差がなくなってきているとはいえ、
それでも男性の方が過酷な状況下で働いている実状は、否定できない事実です。


▼部分痩せダイエット!ボニック公式サイト





ボニック










このエントリーをはてなブックマークに追加

拍手[3回]